山梨県で製造業の人手不足を解消するための専門家(笑)の意見が分かってなさすぎ

スポンサーリンク



先日、山梨県でTVを見ていたらニュースで製造業の人手不足と対策について報じていたのですが、人手不足を解消するための対策が斜め上過ぎたのでその話を書きます。

 

ローカルニュースだったので、山梨県だけの話です。

そう信じたいです。

 

ニュースで何気なく目に入っただけで、ハッキリ覚えているところだけ書いています。

検索したら、UTY(山梨のローカル局)の公式サイトにニュースの動画が残っていたので貼っておきます。

製造業など人材確保で意見交換

県政課題について専門家から意見を聞く意見交換会で話された内容みたいですね。

製造業が人手不足で離職率がヤバイ

山梨県の製造業は人手不足で、事業所は13.3%増加しているのに対し、高卒新入社員が3年以内に辞める割合が46.4%で、半分近くが3年以内に辞めているという事らしいですね。

 

簡単に言うと、業務は増えているけど、若い労働力は定着しないのが問題になっているという事ですね。

 

製造業は自分も経験があるのですが、工場だったり、肉体労働だったり、繫忙期には残業も多かったりと、肉体的にもきつい仕事が多いですね。

 

繁忙期になると残業が当たり前で断れなかったり、自由に休みを取れなかったりと

 

寝て起きて仕事して帰ってきて・・・の無限ループに陥りがちで、精神的にもきつくなってくるので離職率が高いのは分からなくは無いのですが、ここまでは多分全国的にも言われている事ですよね。

製造業の人手不足を解消するための対策がヤバイ

私がヤバイと思ったのは、某県の人手不足解消のための意見で

 

小学校・中学校・高校の社会見学を通じて地域の産業と接する機会を増やす。

 

ってのがあったんですね。

 

もう一個あってよく覚えてないんですけど

もう一個は新規採用者が会社に定着するまでの支援でしたね。

もうこっちは具体性が皆無なので問題外

 

は????

 

仕事内容が分かってれば離職率減るとでも思ってるんですかね?w

 

問題はそこじゃないから!

 

法律ギリギリまで強制的にやらせる残業と、休みも有休もろくに取れない労働環境が問題なだけだから!

山梨の製造業のホワイトとブラックの格差がやばかった話

何でこんな話を書いたかと言うと、自分が山梨の派遣会社で製造業をやっていた事があるからです。

超絶ホワイトと超絶ブラック企業の差がそれはそれは酷いものでした。

ブラックな製造業A社の待遇

ブラックだった製造業はこんな感じでした。

 

・面接時:4勤2休→現実:ほぼ5勤1休(土日という概念が無いので休出にはならない)

・交代制で引継ぎがあるのでシフトが逆の人間が来るまで後退で残るたまに残業がありますと言われた→実際はほぼ12時間労働で1か月のうち残業無しは片手で数える程度

・有休は取れないし、社員で有休を取ったことのある人間は一人も居ない。(自分は派遣会社にクレーム言って休日に有休をねじ込ませて消化していました)

・社員は身内に不幸があって休んでも、有休も使えないし本来休日の日に変わりに出勤させられる

・体調不良で休んでも、代わりに休日の予定日が出勤になる。

・GW・年末年始・お盆も休みはほとんどない(1日増えるくらいw)

 

結果いつも人手不足

 

生産が追い付かないからもっと早く動けと煽られる

12時間煽られるから結果ミスが増える

ミスをするなと煽られるの無限ループ

 

1年以上派遣で続いているのは、辞めたらお金にも仕事にも困るレベルの人だけ

 

派遣の営業をしている知り合いに聞いたら、よっぽど仕事に困っていて稼げぎたい人しか紹介しないし、事前に会社の内情を説明して了承した人にしか紹介しないレベルだった。

 

そもそも人を増やす気が無い

 

派遣から社員登用があると言っているが、社員になれた人間は顔(ルックス)が良いと言われている女性のみでそもそも男性で受かった人は一人も居ない。

 

人がいなさ過ぎて、面談に行くと即決でいつから働けるかの話になる。

 

人がどんどんやめて仕事だけきつくなるから、もう人が増えるわけないよねw

ホワイトな製造業B社の待遇

・土日休み、平日も事前に申請すれば好きな日に休める

・休出、残業は自由でやりたければ出来るし、断りたければ断れる

・有休も自由に使える、社員は休むと勝手に有休が割り当てられる

・ミスしないことが最優先なので仕事が遅くても何も言われないし、早くやらなくて良いと言われる

・休憩時間も特に決まっていないので、ちんたら休憩できるしむしろ食事時間より一服している時間の方が長い

・GW・年末年始・お盆は1週間以上休みがある

 

辞める人をほとんど見たことが無いし、そもそもこんなダラケきった働き方で会社が成り立つのか心配になるレベルw

 

派遣でも人気の職場で、空き待ちとかもあったらしい(今はどうなっているのか知らないけど)

ボーナスとサービス残業は無かっただけホワイトなのか?

社員はしっかりボーナス出てたし、サービス残業は全くなかったのでホワイトと言えばホワイト?だったし、まあ同年代のサラリーマンとかよりは全然稼いでいたと思います。

 

派遣は勿論時間給なのでボーナスは無いですが残業代もしっかりでていました。

離職率下げたいなら労働環境を改善すれば良いだけだろ!という結論

給料がそこまで高くなくても、生活に困らないだけの給料貰って、プライベートな時間がある程度満足できるくらい取れれば、余程の事が無い限り仕事は辞めないです。

 

他にやりたいことが決まっていたりするなら別ですけど

 

趣味の時間が取れるとか、イベント毎の日に休めるとか、友達や恋人と遊ぶ時間が確保できるとか働いている側からすればそっちの方がよっぽど重要で、製造業に夢とか目標とか持って意欲的に入ってくる人なんて1%も居ないんですよ。

 

製造業って、出世して給料が上がっていく率は多分少ないんですけど、最初から比較的給料高めだと思うんですよね。

 

残業減らして有休消化率上げて、希望休取れればあればそんなに辞めないからw

製造業は悪い事だけじゃないこんな人にはお勧めできる

製造業は当たり外れが多いんですけど、悪い事ばかりじゃなくて場合によっては非常にお勧めできる人もいます。

 

・派遣なら平均より高い給料と残業代で短期的にも一気に稼げる

どんなにブラックでも、間に派遣を挟めば時間に対してキッチリ残業代まで払ってもらえるし、基本給は普通のバイトなんかよりは全然高いので、短期間でお金を貯めたい人には非常にお勧めです。

 

・そもそも仕事に困っている人にお勧め

よく、誰でも出来る仕事の例えとしてコンビニのバイトとかが挙げられますけど、製造業は誰でも出来るかは別として、誰でも受かる業務だと思います。

人手不足なので、経験が無くても面接で態度とかをしっかりしておけばあまり落とされる話を聞いたことが無いです。

 

・女性で男性が多い職場でも気にならない

あと、業界的に女性が少ないので女性ってだけで受かりやすいです。

ルックスが平均以上なら、すごい失礼な話ですけど男性社員のモチベーション上げる為とか、人事の権限があるおっさん社員に気に入って取られます。

仕事が出来る人が社員になる確率より、女性が社員になる確率の方が高いですマジで!

 

・年齢が気になっているけど就職したい

派遣の営業をやっている知り合いに聞いたのですが、30代後半でもまだ若い世代扱いされるので仕事を見つけやすいです。

ブラック企業とホワイト企業の待遇のところで社員登用に受からないという話を書きましたが、派遣から社員登用がある会社が多いので就職目的の方にもお勧めです。

 

・派遣は数か月単位の更新+最大三年までなので期間を決めてガッツリ働きたい場合

派遣は同じ会社(部署)に三年までしか居られないという法律があるので、短期的にガッツリ働いてお金を稼ぎたいという方も辞めたければ契約更新のタイミングや三年で辞められます。

契約更新も1~3か月単位で更新か契約を切るかが見直されるので、辞めたければ契約更新をしなければ直ぐに辞められます。

派遣先も自由に契約更新しないという選択肢が取れるリスクはありますがw

 

三年頑張って戦力として認められれば、契約更新も出来ないので社員登用して貰えるとか、会社で直接個人契約して貰えるケースも良くあります。

 

要するに、きついのが分かっているから選り好みして製造業を仕事にしない人が多いってことです。

 

目的があって短期でお金を早く稼ぎたいとか、直ぐに仕事をしたい、生活に困っているというような人は製造業でお金を貯めるのは非常にお勧めです。

 

肉体労働で体も疲れますし、残業時間が多めでお金を使う暇や遊びに行く余裕も減るのでw

給料の良さも相まってお金が貯まっていきます。

 

1年で100万貯めたいとか目標がある人だったら、モチベーションを保ちながら働けると思います。

 

正社員で働きたいけど年齢的に厳しいっていう方でも、派遣で真面目に働いて社員登用って流れだと就職できるケースが多いです。

普通は面接から煙たがられる年齢でも、仕事態度が分かっていれば社員になれるケースが多いのでやる気があるなら狙ってみましょう。

 

派遣の営業担当に聞けば、事前に社員登用がある派遣先を紹介してもらえますし、仲良くなれば合格率とか年齢制限も教えてもらえます。

スポンサーリンク



このブログが面白かったら拡散お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です