STORKの投稿記事で前後の記事へのリンクをカテゴリー別にする方法【ストークのカスタマイズ】

スポンサーリンク



ワードプレスのテンプレートSTORK(ストーク)のカスタマイズ記事です。

 

このブログでも使用しているワードプレスの人気有料テーマSTORK(ストーク)

 

カスタマイズも簡単で、見た目もおしゃれで可愛い雰囲気に簡単に出来るという事でブロガーさんを中心に非常に人気のある有料テーマSTORK(ストーク)ですが、僕も見た目の良さやインパクトに惹かれて導入してしまいましたw

 

ただ、一つ不満点がありました。

 

それは、ブログだったら普通なんですけど前の記事と次の記事へのリンクが投稿日時順になっている点です。

 

なので、前後記事へのリンクを全記事の投稿順から、カテゴリー内での投稿順に変更するカスタマイズをしてみました。

STORKの初期設定時の投稿記事の前後記事へのリンクと変更後の説明

最初の説明で分かりにくかった方のために、補足で今回のカスタマイズ内容を説明します。

 

僕のブログの場合だと、ゲームの事とビットコインの事のように全く関係ない内容の記事を色々書いていることもありますが、STORKの初期設定のままでゲームの事を書いた記事とビットコインの事を書いた記事を交互に投稿すると次のようになります。

 

ゲームの記事の前の記事と次の記事へのリンクがビットコインの記事になる

ビットコインの記事の前の記事と次の記事へのリンクがゲームの記事になる

 

これを、カスタマイズで次のように変更しました。

 

ゲームの記事の前後の記事へのリンクにはゲームのカテゴリー内の記事だけが表示される

ビットコインの記事の前後の記事へのリンクはビットコインのカテゴリー内の記事だけが表示される。

STORKの前後記事へのリンクをカテゴリー別にしようと思った理由

STORKの初期設定のリンクでは何が良くないかと言うと、グーグル等の検索でブログを見に来てくれた方がビットコインに関して書いてある記事を検索で見に来てくれて、全部読み終わった後に前後の記事がゲームの記事だと全く興味が無くてブログを閉じてしまう可能性が高いと思います。

 

ですが、ビットコインの記事を検索で見に来てくれた方が、前後の記事もビットコインの記事が表示されていれば興味を持って見てくれる可能性が上がると思うのです。

 

なので、全ての記事を投稿日時順に並べるという設定から、同一カテゴリー内に投稿された記事だけで日付順に並べる設定に変更するようにカスタマイズしました。

(多分)SEO効果も上がるカスタマイズのはず!

通常の無料ブログ等で運営している場合は多分気にならないと思うのですが、このカスタマイズは有名なSEO対策済みのノウハウ付きテンプレート賢威に最初から施されているカスタマイズです。

 

もともと僕は、賢威のテンプレートを使用しており、このブログを立ち上げたばかりの時も実は賢威を使用していました。

 

雑記ブログならSEOより見た目だろ!というしょーもない理由でSTORKに変更しましたが、前後記事へのリンクがカテゴリー関係なく表示されているのがどうしても気になってしまったので今回のカスタマイズを施すことにしました。

 

カテゴリーを統一することによって、内部リンクが関連する内容の記事だけに送られるので、推測ですがSEO=検索エンジンからの訪問者を増やすのにも効果があるはずです(推測ですが)

書いている記事の内容が全てある程度関連する内容に統一されている、いわゆる特化ブログを運営されている方の場合は関係ないのですが、複数の関係ない内容の記事を書いているようなブログならやる意味はあるんじゃないでしょうか(知らんけど)

 

やり方を書くだけなので、これでアクセスが減っても文句は言わないでください!w

アクセスが増えたら崇めよ!w

冗談ですw

でもコメント位はくれたらうれしいですw

STORKの前後記事へのリンクをカテゴリー内に制限する方法

では実際のやり方ですね。

 

ダッシュボードにログインして、左のメニューから外観→テーマの編集を選択します。

 

子テーマをインストールしている場合は、初期で選択されているテーマがstork_customになっているので、右上の編集するテーマを選択のタブからstorkを選択します。

 

次に、右側に表示されているテーマファイルの一覧の中からparts_singlefoot.phpを選択します。

 

書き換えるのは、1行目の<div class=”np-port”>から、29行目の</div>までです。

ここを次のコードにコピペで書き換えて下さい。

前後記事へのリンクを変更するPHPのカスタマイズコード

―――――ここの下の行から―――――

<div class=”np-post”>
<div class=”navigation”>
<div class=”prev np-post-list”>
<?php $nextpost = get_adjacent_post(false, ”, false); if ($nextpost) : ?>
<a href=”<?php echo get_permalink($nextpost->ID); ?>” class=”cf”>
<figure class=”eyecatch”><?php echo get_the_post_thumbnail($nextpost->ID,’thumbnail’); ?></figure>
<span class=”ttl”><?php echo esc_attr($nextpost->post_title); ?></span>
</a>
<?php else:?>
<div class=”home_link”>
<a href=”<?php echo home_url(); ?>”><figure class=”eyecatch”><i class=”fa fa-home”></i></figure><span class=”ttl”>トップページへ</span></a>
</div>
<?php endif; ?>
</div>

<div class=”next np-post-list”>
<?php $prevpost = get_adjacent_post(false, ”, true); if ($prevpost) : ?>
<a href=”<?php echo get_permalink($prevpost->ID); ?>” class=”cf”>
<span class=”ttl”><?php echo esc_attr($prevpost->post_title); ?></span>
<figure class=”eyecatch”><?php echo get_the_post_thumbnail($prevpost->ID,’thumbnail’); ?></figure>
</a>
<?php else:?>
<div class=”home_link”>
<a href=”<?php echo home_url(); ?>”><span class=”ttl”>トップページへ</span><figure class=”eyecatch”><i class=”fa fa-home”></i></figure></a>
</div>
<?php endif; ?>
</div>
</div>
</div>

―――――ここの上の行まで―――――

コピペでOKです。

これを張り付けて、ファイルを更新するをクリックすれば前後記事へのリンクがカテゴリー内の記事だけに絞られます。

STORKのカスタマイズをするときの注意

最後に、STORKのテーマを直接書き換える場合の注意点です。

間違えてしまった場合はテーマかファイルを再インストールしてください

前後記事へのリンクをカスタマイズをする場合の注意点ですが、もしコードを間違えて変更し、他の部分がおかしくなってしまった場合に、元に戻すには再度テーマをインストールしてください。

 

もしくは、変更するparts_singlefoot.phpのファイルのバックアップを取っておいてください。

 

僕にクレームを言われても困りますし一切受け付けませんw

というか、どうすれば元に戻せますか?とか僕に言われても関係ないところを変更されたらPHPの専門家ではないので分かりません。

 

なので、最初の設定に戻したい場合は、バックアップしたparts_singlefoot.phpのファイルか、購入した状態のテーマを入れなおしてください。

注意
parts_singlefoot.phpのバックアップを取っておけば確実に安全です。

STORKの公式サポートが利かなくなります。

テンプレートのカスタマイズは、STORKの販売元であるOPEN CAGEさんでも有料と明記されています。

 

僕もカスタマイズをする前に問い合わせたのですが、前後記事へリンクの指定をしているファイルと1~29行目までという場所だけしか教えてもらえませんでした。

 

やり方は自分でカスタマイズのサイトを調べました。

 

独自カスタマイズを行った場合は、不具合のサポートも対象外になると明記されていますので気を付けて下さい。

STORKが更新された場合も元に戻る可能性があります

STORKは定期的に更新されアップデートされているので、更新した際にparts_singlefoot.phpに変更があった場合は、前後記事へのリンクが(おそらく)元に戻ってしまいます。

 

一応前後記事へのリンクを指定しているPHPコードは以下

 

次の記事

<?php $nextpost = get_adjacent_post(false, ”, false); if ($nextpost) : ?>

 

前の記事

<?php $prevpost = get_adjacent_post(false, ”, true); if ($prevpost) : ?>

 

今回のカスタマイズで、実際に変更しているのはこの部分だけです。

更新した時に、flalse と true の組み合わせが変わって居たら設定が元に戻っています。

 

テーマが更新されたら、この部分をチェックしてください。

投稿記事ページが変更されていなければ、更新してもこの設定のままです。

カテゴリー内の記事が1つしかないとリンクがおかしくなる

同一カテゴリー内の記事が1記事しかないと、前後記事へのリンクが両方トップページへのリンクになります。

 

自分の知識では変更方法が分からないので、気になる方は2記事以上早めに投稿して下さい。

補足

初期設定だと1記事の場合リンクが1つしか表示されないので変更方法はあるはずです

無事カスタマイズが出来たら

以上で前後記事のカスタマイズ方法は終了です。

 

無事にカスタマイズが出来たら、コメントなど頂けると嬉しいです。

ついでに記事も拡散していただけると泣いて喜びます。

 

最後まで読んで頂きあありがとうございました。

スポンサーリンク



このブログが面白かったら拡散お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です