モンスターハンターワールド太刀攻略 初見で苦戦した大型モンスターの強さランキングベスト10

スポンサーリンク



モンスターハンターワールドが発売して10日程経ちましたが、僕もやっとストーリー任務攻略と今のところ登場している大型モンスター全部討伐終わったので、感想を含めてモンスターの強さランキングというか苦戦したモンスターランキングトップ10を書いてみようと思います。

 

全部書こうと思ったんですけど、時間が掛かり過ぎて萎えそうだったのでとりあえず10位までをw

 

(どうでも良いけど)前提条件

ゲーム開始からストーリー攻略は全て太刀しか使っていないので、太刀で対峙した時の初見時の強さ(どれくらい苦戦したか)を基準としています。

 

クリア後の最強装備前提なら★7位まではそれ程苦戦しないで倒せるはずなので、装備はストーリーの進行度で初戦闘時の装備前提で書いています。

1位 キリン

一番強かったのはキリンでした。

 

動きが早い上に肉質が固く、まともにダメージが通るのは頭部の角だけ、胴体の中心辺りに攻撃がヒットすると青ゲージでもほぼはじかれるので、太刀で弱点にヒットさせるのは大変です。

 

攻撃パターンは、雷を落とすか、突進か、背後にいると後ろ足でキックだと思いますが、雷撃のパターンが多い+範囲が広いパターンがあるので覚えないと回避が面倒です。

 

広範囲に線上に雷を落とす攻撃の着弾範囲が分かりにくいので、食らってスタンして追撃というパターンで乙るのが多そう。

 

瀕死で寝床(巣?)に変えると、狭くて戦いにくい上にスタート地点から遠いので乙るとやっかいですw

 

普通にストーリーを攻略しているだけだと、エンディング後の歴戦キリンが初対面になる場合もあるので、下位で捕獲クエストを進めて出現させるか、上位で痕跡を発見して出現するか、歴戦に出会うかで難易度は大きく変わりそう。

 

僕は、エンディング後に上位のクエストで討伐して、その後HR49で出現する歴戦の任務でしたが、上位でも多分一番面倒だと思います。

 

歴戦個体と最初に出会ったら、怒り中の雷撃で耐性を高めていても7割以上体力持っていかれるので間違いなく一番強く感じるはずですw

2位 ディアボロス亜種

2位は、多数の古龍種を差し置いてディアボロスの亜種です。

 

通常のディアボロスと基本的な動きは同じですが、火力が高くなっている分強く感じました。

 

特に、遠距離から追尾気味で走ってくる突進と地中に潜ってからの突き上げを回避するのが、他のモンスターの攻撃よりも回避が難しいと感じるので、1撃食らって体力が1撃圏内に入ると積極的な攻めに行けないです。

 

肉質も固いので、頭部の角もそうですが尻尾も先端だと弾かれるのが厄介なうえに、他の部位だとそこまで大きなダメージを与えられないのが面倒

 

個人的にディアボロスが苦手なだけかもしれませんがw

3位 テオテスカトル

ストーリー攻略の難易度が、正直そこまで歯ごたえを感じていなかったんですけど、古龍種はこれまでに戦ったモンスターとも格が違うくらい強い!という話を聞いていて、少しびびりつつも期待して挑みましたw

 

順番的にはネルギガンテを倒して→クシャルダオラ→テオテスカトルという順番だったんですけど

 

ネルギガンテとクシャルダオラは結構あっさりいけて、別にそこまで強くなくね?wと思いながらテオテスカトルにいったら、初対面でちょっと考えないと戦えないなと思わされるくらいには歯ごたえがありましたw

 

炎熱を纏っていて接近しているだけで継続ダメージがあるので、一撃食らうと致命傷になるケースがあります。

一応太刀がギリギリ届く間合いなら、炎熱ダメージの外からも攻撃出来ますが、動きも激しいのでそんな間合い管理は出来ません。

 

あと、戦闘エリアがマグマ地帯なので、テオの体も赤く爆炎攻撃の爆発地点を示すエフェクトもオレンジ色なので見えにくいですw

流石にテオテスカトルは見えますけどw寝るエリアで怒り状態の爆炎になるとほんとに見え難いです。

4位 バゼルギウス

とにかく、体の岩が落ちて爆発するのが厄介なバゼルギウスが4位です。

 

他の飛竜種だと攻撃出来る隙になる突進後や回転攻撃中に、移動したラインに体の岩が落ちて爆発するので攻撃が仕掛けにくいです。

 

ブレス時も同様に、バックステップ→岩が落ちる→ブレスで周囲の岩が誘爆という流れで普段よりも外側に居ないと安置にならないのが面倒です。

 

ストーリーだと乱入して邪魔されるだけの厄介な存在ですねw

 

狩猟はエンディング後の歴戦個体2頭狩りか、マルチでクエストの救難信号に参加するくらいでしか戦う機会がないのですが、火力が非常に高いうえに攻撃パターンというか、岩の爆発を見極められるようになるまでは攻めるのが大変でした。

 

エンディング前の装備の守備力で、軽い気持ちでマルチに乱入すると普通にタヒれますw

 

見た目に反して、胴体や顔へのダメージはかなり大きく入るし、体力も少ない印象なので弱点を突く装備で一度攻める隙を見つられれば時間はそこまでかからず倒せます。

5位 アンジャナフ

アンジャナフは、ストーリーを初期防具とドロップで強化できる武器だけで特攻していた時に最初につまずいたのでランクインです。

 

ストーリーを食事による体力強化無しで進めていくと、ほぼ間違いなくアンジャナフの怒り状態でワンパンされるでしょうw

 

古代樹の森のマップも、戦闘する場所が狭く段差も多いので、回避したと思ったら段差でフワッと浮いてそこに突進を食らうみたいなパターンもあると思います。

 

動き自体はモンハンのスタンダードなので、慣れれば大丈夫なはずですが足場が狭い上に怒り状態の動きが早いですね。

6位 ゼノジーヴァ

ストーリー上のラスボス、ゼノジーヴァです。

 

初対面だとデカすぎて回避出来る間合いが分かりにくい上に、こちらの攻撃の間合いも分かりにくいのが厄介でした。

 

慣れると正直時間がかかるだけで楽なんですけどw

 

ソロだと尻尾切るのが面倒くさいです。

7位 リオレウス

ストーリーで上位に行く手前で戦うリオレウス

 

古代樹の森が狭い上に、探すのがだるいw

出会った時点の装備だと2発で乙る+攻撃に毒が付いてくるのが面倒でした。

 

空に浮いている時間も、シリーズ通してそうですけどw今までのシリーズより長く攻撃が届かないので戦闘が長く感じます。

怒り前の咆哮で硬直からノーモーションのバックステップブレスで乙るのも良くあるパターン。

 

飛行中に閃光を撃って落とせば楽なので、閃光スリンガーの有無で難易度が大きく変わりますね。

 

飛んで面倒と言う意味ではクシャルダオラも同じなんですけど、初見でのマップの見辛さや面倒くささを考慮してリオレウスを上にしました。

8位 リオレイア亜種

上位のキークエストで出会うリオレイア亜種

 

通常のリオレイアと比べると肉質が固く、火力が一段階上がっている感じです。

上位では、敵の攻撃力が急に強くなったと感じるのがこの辺だと思います。

 

ブレスのパターンが少し違うくらいで基本的な動きはリオレイアと同じですが、そもそもストーリーでリオレイアと戦わなくて良いので初見はこのリオレイア亜種です。

9位 オドガロン

裂傷と瘴気でダメージを受ける上に素早い攻撃で体力を削られるオドガロン

 

初見だとデバフ解除と早めの回復をしないと乙るというプレッシャーがやばいです。

10位 トビカガチ

ナルガクルガっぽい動きのトビカガチ

雷を纏っているので、属性やられでスタンしやすく、動きも早いので追撃を食らって乙りやすいです。

終わりに

自分が太刀で戦った時に(多分)苦戦した、大型モンスターランキングでした。

 

こうしてみると、僕は素早いうう動きの敵が苦手みたいですね。

 

11位い以下のモンスターのランキングも気が向いたら追記します。

スポンサーリンク



このブログが面白かったら拡散お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です