E2甲 スタート前進ギミックの解除方法 第二作戦海域「捷一号作戦、発動準備」艦これ 2017 秋イベ 攻略

スポンサーリンク



期間限定海域【捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)】

第二作戦海域「捷一号作戦、発動準備」攻略記事です。

 

E1に続いてまたもルートギミックがある海域です。

 

ギミックを解除する事で新たなスタート地点が出現し、ボスマス到達が比較的容易になりますので、まずはスタート地点前進ギミックを解除していきましょう。

 

札はE1と共通の志摩艦隊札なので、E1に出撃した艦娘をメインにした編成で攻略しましょう。

編成補足
ギミック解除には艦種以外の縛りはありませんので、どの艦娘を使用してもギミック解除マスへは到達できます。
輸送ゲージ攻略最短ルートには、甲作戦の場合志摩艦隊の史実メンバーを4隻以上編成する必要があります。

攻略には第三艦隊に追加された第一遊撃部隊 第三部隊(7隻編成)を使用します。

誤出撃に関する注意
第一艦隊の6隻編成でも普通に出撃できてしまいます。
E3で使用する艦娘を第一に編成して誤出撃してしまうと攻略に使えなくなるので気を付けましょう。
正規空母を第一艦隊に編成しておく事で誤出撃を回避できます。

E2スタート地点前進ギミック解除方法

こちらがスタート地点前進ギミック解除前のE2マップです。
E2ギミック解除前のマップ
ギミックの解除条件は赤〇で囲んだ3ヵ所のうち

1.行き止まりのJマス(潜水新棲姫マス)でS勝利を取る

2.Cの航空戦マスで航空優勢以上を取る事

3.Dの航空戦マスで航空優勢以上を取る事

 

 

甲作戦の場合この3つの条件を達成するとマップの中央上部に新たなスタート地点が出現します。

※丙作戦の場合1のみ、乙作戦の場合は1と2のみでOKです。

 

Bは能動分岐で、A→Dは編成に軽空母を含める事で行けます。

Cは軽空母を入れない編成だと行けるので、自分はあきつ丸を編成して烈風キャリアーとして使用しました。

あきつ丸が居ない編成の場合は、基地航空隊を飛ばして制空を取るようにしましょう。

 

Gマスは能動分岐なので、Jマスへはどの編成でも到達可能です。

 

僕は、甲作戦で攻略したのでCマスの航空優勢以上を取り、その後Dマス航空優勢以上と同じ編成でJマスS勝利も取ったのでその順番で説明します。

E2 ギミック解除条件1 Cマス航空優勢以上

まずはCマスで航空優勢以上をとりに行きます。

A→Bは、軽空母を編成しない事で行けます。

B→Cは能動分岐です。

Aは潜水マスなので対潜重視の装備にしましょう。

 

難易度丙作戦の場合は、航空優勢を取る必要はありませんので飛ばして下さい。

E2 Cマス航空優勢以上 編成例

E2Cマス航空優勢以上編成
僕は、烈風キャリアーにしたあきつ丸を入れて基地航空隊は使わずに航空優勢を取りました。

 

阿武隈に甲標的を装備させていますが、Cマス航空優勢には砲撃戦無いのでソナーで大丈夫です。

 

航巡2隻に水戦×2とあきつ丸烈風キャリアー(画像の装備)で、航空優勢取れました。

 

水戦が足りない、あきつ丸が居ない、改修していない等で優勢が取れなかったら基地航空隊に陸上戦闘機や局地戦闘機を飛ばして制空値を稼ぎましょう。

基地航空隊は5マス以上で届くので、無い場合は烈風等でも大丈夫です。

 

追記

制空値が高い敵編成だと航空優勢を取れない可能性があるので基地航空隊は飛ばしておいた方が無難です。

E2 Cマスまでのルートと敵編成

Cマスまでのルートは

A(潜水艦マス)→B(能動分岐・戦闘無し)→C(航空戦)

 

A=単横陣

C=輪形陣

 

Cマスで航空優勢を取ったら撤退すればよいので、Aで大破しなければ大丈夫です。

先制対潜装備等でAマスを確実に突破しましょう。

 

Aマス(潜水艦)

E2Aマス敵編成

Cマス(航空戦)

E2Cマス敵編成

E2 ギミック解除条件2 Dマス航空優勢以上

A→Dへの分岐は艦隊に軽空母を編成する事で行けます。

Dは航空戦なので、装備はC編成と同じで軽空母を烈風キャリアーにします。

 

難易度乙作戦以下は、Dマス航空優勢を取る必要はありませんので飛ばして下さい。

E2 Dマス航空優勢以上 編成例

E2Dマス航空優勢以上編成僕はCマス編成のあきつ丸を軽空母に変更する事で行きました。

 

この編成でDマス優勢を取りつつ、そのままJマスのS勝利も取りに行ったので阿武隈は甲標的を装備させていますが、別々にやるならソナーソナー爆雷でOKです。

 

この画像の編成と装備そのままでもDマス航空優勢からJマスS勝利まで1回の出撃で取れました。

きつい場合は装備を変更し、基地航空隊を利用するなどして別々に対応しましょう。

 

Dマス航空優勢が艦隊の装備だけで取れない場合は、こちらも陸戦・局戦で編成した基地航空隊を飛ばせば問題なく取れます。

E2 Dマスまでのルートと敵編成

Dマスまでのルートは

A(潜水艦マス)→D(航空戦)

 

A=単横陣

D=輪形陣

 

DマスとJマスを別々に攻める場合は、Dマスで航空優勢を取ったら撤退すればよいので、Aで大破しなければ大丈夫です。

先制対潜装備等でAマスを確実に突破しましょう。

 

Aマス(潜水艦)

Cマスへ向かうルートと同じです。

 

Dマス(航空戦)

E2Dマス敵編成

E2 ギミック解除条件3 JマスS勝利

CとDで航空優勢以上を取ったら、潜水新棲姫が旗艦のJマスS勝利を取ることでギミックが解除できます。

 

僕の場合はDマス優勢を取った編成でそのままJマスまで進み、反航戦を引きましたがS勝利が取れたのでそれ程きつくはないと思います。

普通は航空優勢と別々に攻略すると思うので、航空優勢編成のあきつ丸・軽空母の代わりに対潜装備の駆逐艦や海防艦を入れましょう。

 

B→Cのルートは航空戦が1戦増えますが、FよりもEの方が砲撃戦が楽(らしい)です。

D通って1戦増えたルートでも余裕だったので好きなルートで行って問題ないです。

 

ここでは最短ルートのB→Fルートでの攻略について説明します。

E2 JマスS勝利 編成例

E2JマスS勝利編成海防艦を使ってしまって構いませんが、居ない場合も駆逐艦で代用可能です。

低速艦はダメという情報があったので、海防艦のところは対潜駆逐を入れて下さい。

 

先制対潜艦が少ない場合も、対潜の高い大発艦や朝霜は次のE3でも使いどころがあるので温存した方が良いと思います。

 

僕は、対潜4隻のうち先制対潜2隻で、潜水新棲姫は計5回の対潜攻撃で撃沈出来たのでそこまで先制対潜を重視する必要はありません。

 

志摩艦隊+海防艦(駆逐艦)1隻でどうしてもJマスの潜水艦を全て落とせなかったら、先制対潜を増やすか、対潜支援を飛ばす事を考えましょう。

 

重巡・航巡は、Jマスで随伴の補給艦と駆逐艦を落としてもらう為の装備です。

Jマスで敵制空値は無いので、航巡は水戦+水偵で連撃仕様に、瑞雲系を乗せると潜水艦に攻撃が吸われます。

 

阿武隈の甲標的は道中の砲撃戦で雑魚を減らしてもらう為なので、Jマス潜水艦がきつい場合はソナーに変更してください。

 

昼で潜水艦が全部落とせれば夜戦で終わります。

E2 Jマスまでのルートと敵編成

Jマスまでのルートは

A(潜水艦マス)→B(能動分岐・戦闘無し)→F(砲撃戦)→G(能動分岐)→J(潜水新棲姫)

B→C→E→Gを通る場合は、C(航空戦)→E(砲撃戦)です。

 

A・J=単横陣

F・E=単縦陣

C=輪形陣

 

Aマス(潜水艦)・Cマス(航空戦)は航空優勢ギミック解除時と同じです。

 

Fマス(砲撃戦)

E2Fマス敵編成

 

C→Eマスを通る場合

Eマスは軽巡1駆逐5の水雷単縦陣編成が相手になるようです。

僕はこっちのルート使っていませんが、道中支援出さないと対潜編成では全部落とせなくて雷撃で事故りそうですね。

 

Jマス(潜水新棲姫)

E2Jマス敵編成

E2 ギミック解除条件の航空支援は?

僕は道中支援を一度も出しませんでした。

 

航空優勢時には潜水マスが1回だけなので必要ないと思いますが、JマスS勝利がつらい場合は、対潜支援を送ってJマス潜水艦の削りに使うのも有効だと思います。

E2 ギミック解除条件の基地航空隊は?

基地航空隊も同様に、ギミック解除時は一度も出していません。

 

航巡の水戦と烈風キャリアーにした軽空母 or あきつ丸だけで航空優勢が取れない場合は、一式戦隼系か烈風を4機配置してC・Dマスに送れば間違いなく航空優勢は取ることが出来ます。

 

JマスS勝利がきつい場合は、陸攻×3・陸戦×1をJマスに送って随伴艦を減らし、航巡は瑞雲系やカ号観測機を装備して潜水艦削りに回しましょう。

E2 ギミック解除したら輸送ゲージ攻略へ

CマスとDマスの航空優勢を取った状態でJマスS勝利を取ると、マップ上部に新たなスタート地点が出現します。

E2ギミック解除後マップお疲れさまでした。

 

これで艦これ2017秋イベントE2マップのスタート前進ギミック解除は完了です。

ギミック解除は簡単でしたが、誰かこれやってて楽しい人居るんですかね?w

 

大丈夫?運営さん全力でユーザー減らしに来てない?

 

続いて第二作戦海域「捷一号作戦、発動準備」輸送ゲージ攻略記事です。

スポンサーリンク



このブログが面白かったら拡散お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です